ファインダーのあっちとこっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファインダーのあっちとこっち

カメラ1年目の私が写真とお出かけのお話をします。たまに読んだ本の読書録も。

初めての星撮影!上達にはまだ課題が盛りだくさん

カメラ 日記

f:id:acchikocchi:20170201204302j:plain

 皆さんこんにちは。最近寒くてなかなか写真を撮りに行けていません・・・
 2月は色々予定を立てているので、写真が撮れたら書きます!

星の撮影

 ということで、家にいながらできることを模索した結果、庭先で星を撮ってみました。

f:id:acchikocchi:20170201205242j:plain
Nikon D5300 (SIGMA 10-20mm f/3.5) / 20mm / f/3.5 / ISO 1600 / 30sec

 真ん中あたりにオリオン座があるんですけど、分かりますか・・・?
 星以外の被写体がないので、なんだかぼやっとした印象になってしまいました。

星撮影の課題

 そこで、私なりに次回への課題を考えてみました。

  1. もっと光害が少ない場所で撮影する
  2. 星以外の副題も考える
  3. 現像の仕方を勉強する

 星の撮影は上級だそうなので、もっと勉強をして臨みたいですね!
 ただ、知識だけでも仕方ないので、実践もどんどんしていきます!

まとめ

 星の撮影は難しかったですけど、ちゃんと写ることに感動しました!笑

1月の読書録。嫌われる勇気(その2)

読書 日記

f:id:acchikocchi:20170128170057j:plain

 みなさんこんにちは!最近天気が良くて過ごしやすいですね~。私は一昨日から昨日まで東京に行っていたのですが、天気が良いので東京からでも富士山が見えましたよ!いつか富士山を撮りに行きたいです。
 さて、今日は、前回の読書録の続きを書いていきます。
acchikocchi.hatenablog.com

すべての悩みは「対人関係の悩み」

 この本は、青年が哲人のもとを訪ねて心理学について語り合うのですが、それが第1夜から第5夜に分かれています。その第2夜にこの言葉は登場します。詳しくはぜひ本を読んで、考えて、理解してほしいのですが。私が感じたのは、人それぞれ様々な悩みがあるけど、その全てが「対人関係の悩み」であることを知って、少しほっとしました。
 悩みの原因を自分に向けたり、時には人に向けたりと、悩みがさらに次の悩みを生むことってあると思うんです。でもその原因を知れたおかげで、安心しました。原因が分かれば、あとはそれに合った解決策を考えればいいだけですからね。

怒りとはしょせん目的をかなえるための手段、道具

 レストランの店員に、お気に入りの洋服にコーヒーをこぼされたら、あなたはどのような反応をしますか?
 「怒る」という反応をする時、それはとっさの感情ですか?
 本の中では、怒ったのはとっさの出来事だから仕方がない、と青年が主張します。しかし哲人はそれに対し、あなたは相手を屈服させるために怒りの感情を自分で作りあげた、と言います。
 私も昔はよく人に怒りをぶつけていました。そのときは青年と同じように、とっさに怒りの感情が出てきたと思っていましたが、今思うと、相手を屈服させるためにその感情を作り出していたのだなと思いました。

まとめ

 次回はいよいよ、本のタイトルにある「嫌われる勇気」について書いていきます。
 みなさんのおすすめの本があればぜひ、教えてくださいね!

初めてのポートレート!慣れないながらに私が実践したこと

カメラ お出掛け 日記

f:id:acchikocchi:20170124231840j:plain

 先日、初めてのポートレートに挑戦したので、どんな風に撮ったのか、何に考えながら撮ったのかをメモ的に残しておきます。

ポートレートを撮りたい!

 以前から色んな方の素敵なポートレートを見ては「私もこんなおしゃれなポートレートが撮りたいなあ」と思っていましたが、なかなかできずにいました。被写体探しも難しい。セルフポートレートも難しい。と思っていたので。
 そんな時に、彼さんがおしゃれなロングコートをゲットしてほくほくしながら歩いていたので「撮らせて!」とお願いしてみました。

ポートレートで気を付けたこと

 彼さんに撮らせてもらう許可をとったものの、やっぱり慣れないので恥ずかしいとのことでした。人通りは少ない場所ですが、もし知り合いが通ったら、、、ということもあったので、今回は次の2つを気を付けました。

  1. 恥ずかしいと思うポーズを要求しない
  2. ささっと終わらせる

 撮影時間わずか1分!笑
 撮れ高1枚!!笑
 ちょっと今回は極端すぎましたが、撮れたので私は満足です。

f:id:acchikocchi:20170124231944j:plain

まとめ

 実際に撮ってみたの感想。もっと撮りたかった!笑
 でも彼さんには協力してもらっめ感謝しています。ありがとう!

英語学習におすすめ!まずは発音を学ぶべき3つの理由

勉強 日記

f:id:acchikocchi:20170122172105j:plain

 英語学習って何から始めていいのかなかなか分からないですよね。私もその1人です。
 まずは単語!いやいや日常会話!いやいや文法!なんて色々言われているかもしれませんが、すぐに身に付く、試験やTOEICの点数が伸びるのも大切ですが、英語学習を習慣化するには何より「楽しい!」って思うことが1番重要だと思うんです。

英語耳で楽しく学習!

 そこで私が始めたのは発音の勉強。英語が好きかつ得意な彼さんにおすすめしてもらいました。

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

 内容はとっても簡単!発音一つ一つの解説、口の形、息の使い方などを学んだ後、付属のCDで実践です!
 これだけなんですけど、本当にきちんと発音できるようになるし、そのおかげで英語を話すのが楽しくなりますよ!
 私の場合は、普段英語を話す機会がないので、英語の歌詞がある歌を歌うときに意識するようにしています。
 私が特に好きな発音は「v」と「th」です笑

まず発音を学ぶべき3つの理由

 やっと本題です笑 ズバリ、3つの理由はこちらです!

  1. 音の違いが分かるようになる
  2. 音が分かると単語が分かるようになる
  3. 単語が分かると文も分かるようになる

 そして、最終的に楽しい!と思えます。

まとめ

 勉強を継続するのに必要なことって、モチベーションを持ち続けることですよね。このモチベーションを持つために「楽しい」と思えることはとても大切です。
 あと、今回紹介した本は比較的薄いので、最後までやりきれると思います。この「やりきる」ということも大事です。いきなり分厚い本を購入するのではなく、手軽にできるものから始めてみて下さいね!

1月の読書録。嫌われる勇気(その1)

読書 日記

 先日から、今月の読書して2冊目の「嫌われる勇気」を読み始めました。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 これはぜひ、色んな方に読んで頂きたいのと、自分でも記録に残しておきたいので、何回かに分けて記事を書いていきます!
 ネタバレになるかもしれないので、全部自分で読みたい!という方はスルーしちゃって下さい。
 また、内容を詳しく説明するのではなく、読んでいてなるほど!と思ったもの、心に残ったものを中心に書いていきます。

「原因論」と「目的論」

 本の中で挙げられている例を紹介すると、とある人が家に引きこもっている事象があります。
 これを「原因論」で考えると、過去に何らかのトラウマがあるため外出できない。外へ出ることへの恐怖などが「原因」で、「結果」として引きこもっている。
 「目的論」で考えると、外出しないという「目的」を達成するために、恐怖心を自分で「作り出している」ため、引きこもっている。ということらしい。
 そして本には「原因論の住人であり続ける限り一歩も前に進めない」と書かれている。なるほど確かに「原因論」だは過去と現在を結び付けて結果を導いているので、反省はできるかもしれないが、前には進めない。
 これにはなるほどと思いました。何でも「目的論」で考えると、前に進めるはずですね!

ライフスタイル

 本では自分の性格や気質でさえも、自分で選びとっていると書かれていました。性格や気質のことを「ライフスタイル」と言うようで、さらにこれを言い換えると「世界観」と言えるそうです。
 例えば「私は悲観的な性格だ」が、「私は悲観的な世界観を持っている」となる。
 ふむふむ。こう言われると、性格うんぬんではなく考え方の問題になってきますね。
 私自身、ネガティブな性格だお思っている一人なので、この文章にはドキリとしました。
 しかし、ライフスタイルは「選びとっている」ということなので、これはいつでも誰でも選び直せるということのようです。

まとめ

 私がここまで読んで一番印象に残った言葉は「人は過去の原因に突き動かされる存在ではなく、なにかしらの目的を達成するために動いている。」です。これからも、目標を常に持って生きていきたいのもです。
 あと、ここまで読んで、あれ、私にも変われるチャンスがあるじゃん!とワクワクしています。
 それでは続きはまた次回〜!

伝説?!のタムキューが欲しい!

カメラ 機材購入

 実は年末に工場夜景を撮りに出かけてみたものの、手持ちレンズのラインナップに望遠がないことから、いいものが撮れず断念しました。そのせいもあって、最近は望遠レンズを検討しているhikariです。どうもこんにちは。
 順調にレンズ沼にはまりつつあります。ただ、まだカメラを始めて間もないので、どのレンズが良い!とかは正直あまりよく分からずに見ていますが、とある伝説と呼ばれるレンズを見つけてからは、それが欲しくて欲しくて日々うずうずしています。

生きる伝説「タムキュー」

 皆さん、タムキューってご存知でしょうか?なんだよ知ってるよ当たり前だろ?と言う方もいらっしゃるかもしれませんね。私はこの存在をつい先日知りました。

 望遠レンズといえばズームができて、200mmくらいまでの焦点距離のものを検討しますが、ひょんなことからタムキューに行きつきまして。花を撮影されている方が多いんですけど、これで撮るポートレートがかっこよくて…!!欲しくなってしましました!

まとめ

 これがあれば手持ちレンズの焦点距離のレパートリーが増えるので、そのうち購入するかもしれません。
 その前に、どこに出掛けるかを色々計画立てなきゃ~。

統計嫌いもこれで大丈夫!私が統計を楽しく勉強した方法

勉強 日記

f:id:acchikocchi:20170115161658j:plain

 最近寒くて休日は家にこもってしまい、写真が全く撮れていません。今日も雪が少し降ったので何か撮りに行こうと思い、とりあえず庭先に出て近くにある花を撮ろうと思いましたが、寒くてすぐに引き返しちゃいました。
 ということで、写真以外の分野に関するブログも書いていこうということで、今日は統計についてお話しします。

統計学への苦手意識

 大学1年生のときに初めて学習する統計学
 高校生までに統計学なんて勉強したことがない上、色んな専門用語、定理、計算法などなど…聞いただけで耳を背けたくなるのが私にとっての統計学でした。
 理解ができないままなので苦手意識が払拭できず、大学院生のときに修論を書く際、改めて統計学に触れなければならなかったとき、本当に嫌だったのを覚えています。
 しかし、仕事を始めると必要なことは分かっていたので、一念発起して統計学の本を買って一気に勉強するとこにしました!

統計学の書籍は色々ある

 世の中、やはり統計学が苦手な人が多いのか、様々な書籍が出版されています。その中でも「初心者向け」「基礎」と謳われている書籍にも、後半は専門的になったりと、なかなか私が求めるレベルのものに出会えませんでした。
 そこで、Amazonの売れ筋を調べたところ、こちらの本に出会いました。

いまさら誰にも聞けない 医療統計の基礎のキソ

 医療統計と書かれていますが、シリーズ1冊目もこちらは医療関係以外でも利用する統計について説明されています。
 以前、別の記事でもおすすめしましたが、今日はもう少し詳しく話していきます。

身近な例で理解しやすい

 統計で必ず出てくるP値、有意差、信頼区間標準偏差…などなどを、口語調で分かりやすく説明されています。また、なぜこれらを考える必要があるのが、どう考えるのかもとても分かりやすいです。
 上記の専門用語を見ただけで「うぇ…」となっていた私でもサクサク読めて、さっと理解できたのでおすすめです!

パソコンで無料で勉強するなら!

 先ほどは書籍での勉強法ですが、お金をかけずに勉強したい!パソコンで手軽に勉強したい!という方にはこちらがおすすめ。
 その名もハンバーガー統計学にようこそ!
 タイトル通り、ハンバーガーショップをネタにして統計学を学習するサイトで、身近なものを取り上げているのですんなり考えやすいです!
 こちらも先ほど紹介した書籍と同じく、P値などの専門用語を学習できますし、カイ二乗、t検定、分散分析など、もう少し詳しい計算法も学習できます。
 これらの用語も苦手な方には「うぇ…」となると思いますが、楽しくサクサク勉強できますよ!

まとめ

 統計学をこれから学習する予定の方、復習したい方はぜひ試してみて下さいね!
acchikocchi.hatenablog.com