ファインダーのあっちとこっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファインダーのあっちとこっち

カメラ1年目の私が写真とお出かけのお話をします。たまに読んだ本の読書録も。

カメラを趣味にしよう!と決意した日の話

 この春はれて社会人になり、半年が過ぎたとある日。特に趣味もなく、休日となると家でゴロゴロ過ごしていた私。以前から「カメラ始めてみたいな~」が口癖だったけど、なかなか動き出せずにいましたが、なぜかこの日は違いました。暇な一日が終わろうとしていた深夜2時、突然「よし!カメラ探そっ」と思い立ち、朝日が昇るまでどこカメラを買おう?どこで買おう?と、色々な方のブログやら価格.comの口コミやらを読み漁ったことから、私のカメラライフは始まりました。

なんでカメラを趣味に?

 そもそも、なぜ私がカメラを趣味にしようと思ったかというと、カメラを持てば写真を撮るために出掛ける機会が増えると思ったから。休日を寝て過ごすのは本当にもったいないし、色んなところに行ってみたいという思いもあった私には、カメラを趣味にするのが最適だと考えました。

早速カメラ探し開始!

 行動に起こせば動きが早い(と自負している)ので、早速私にとって最適のカメラは何かを探し始めました。まずは情報収集として、カメラに関する記事を書いているブログをいくつか読んで、決めた一台がこちら。

 

 

 このカメラの特徴はまあ話し始めるとたくさんありますし、カメラ初心者の私が話しきれるものでもありませんので割愛します。なぜ私がNikon D5300を愛機に選んだのか、という話はまた別の記事に書きますね。