ファインダーのあっちとこっち

ファインダーのあっちとこっち

カメラ1年目の私が写真とお出かけのお話をします。たまに読んだ本の読書録も。

夜景撮影をした結果、三脚が欲しくなった話

 ふふふ。世は年末。そう、社会人にとって嬉しいアレの時期ですね!
 そう!ボーナス!!!
 初めからテンション高めでお送りしております、どうもこんにちは、hikariです。前に「私が広角レンズを買うなら」という内容の記事を書きましたが、じつはもう一つボーナスで購入しようと思っているものがあります。
acchikocchi.hatenablog.com

三脚が必要

 先日、初めて夜景の撮影に挑戦しましたが、その時に思ったのが「三脚欲しい…!」ということ。
acchikocchi.hatenablog.com
 広角レンズもこの時に欲しい気持ちが増したんですけど、それと同じくらい三脚が欲しくなりました。
 前回の記事で紹介した御船山楽園の夜景、じつは三脚で撮ってないんです。三脚なしだとブレッブレなので、仕方なしに池の周りにある手すりにカメラを置いて、手で支えて、やっとこさ撮りました。それでもやっぱり、ズームしてみると少しブレてるんです。

f:id:acchikocchi:20161208193152p:plain

 お恥ずかしいですが、これが今の私の限界でした。
 夜景のように、シャッタースピードを長くして撮影する時は、三脚があるだけで写真の出来が変わると思うんです。

私に最適な三脚をみつける

 私が三脚を購入するなら、どんなものにするか条件を書き出してみます。

  1. 小さい
  2. 軽い
  3. 安い
  4. 自由雲台

小さい三脚

 何はともあれ小さいものが欲しい。いつか購入するあのカメラバックに入れるんだ…!
acchikocchi.hatenablog.com

軽い三脚

 軽いは正義!持ち運びやすいですからね。

安い三脚

 初めて三脚を購入するので、私にはどんな機能が必要か、どんなサイズが最適かが正直分かりません。なのでお試し感覚で購入できればと思いまして。

自由雲台

 自由雲台なら微妙な位置でもカメラを固定できるようなので、便利ですよね。素早く構図を決められるのも魅力です。

私が欲しい三脚はこれだ!

Manfrotto ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO ボール雲台 ホワイト MTPIXIEVO-WH

Manfrotto ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO ボール雲台 ホワイト MTPIXIEVO-WH

 価格も3600円と、案外お安い!これで私のカメラライフがさらに楽しくなるでしょう!