ファインダーのあっちとこっち

ファインダーのあっちとこっち

カメラ1年目の私が写真とお出かけのお話をします。たまに読んだ本の読書録も。

カメラ女子デビューをする友人を連れて写真を撮るならここ!福岡県の写真スポット

 先日、私の写真を見てカメラを買いたいと思ってくれた友人に、ミラーレス一眼をすすめたところ、年内には購入するということでした!
acchikocchi.hatenablog.com
 さらに、一緒に写真を撮りに連れてって!というリクエストもいただいたので、どこに行くか考えてみました。

時間帯

 せっかく初めて買ったカメラでの撮影なので、やっぱり綺麗に撮れること、そして、カメラの魅力や楽しさを知って欲しいですよね。そこで、まずは外で、明るい時間帯の昼頃に撮影するのにぴったりな場所を探すことにしました。

被写体

f:id:acchikocchi:20161222215030j:plain
まずは食べ物、雑貨、風景などの動かないものを撮る練習をしようと考えてます。その時、その場所の明るさ、撮りたい写真のイメージを考えながらシャッタースピードF値ISO感度、ホワイトバランスを変える方法を一緒に体験してもらおうと思ってます。他にも調節できるものはたくさんありますが、まずは基本のこの4つから。自分用メモとして、それぞれの説明を少し書いておきます。

シャッタースピード

 シャッタスピードが長くなるほどカメラのセンサーに入ってくる光の量が増えます。その結果明るい写真が撮れます。
 屋外や昼間などの太陽の光があるところでは明るくなりすぎるので、シャッタースピードを短くします。
 シャッタースピードが長いとブレてしまう可能性が高くなるので、撮るときは注意が必要ですね。

F値

 レンズの絞りのことで、F値が大きくなるとレンズの絞りが狭くなり、センサーに入ってくる光の量が減ります。逆にF値が小さくなると絞りが広くなるので、たくさん光が入って明るい写真が撮れます。

ISO感度

 簡単に言うとセンサーの感度、ですかね。明るいところでは感度が小さくても十分綺麗な写真が取れますが、室内や夜景、星の撮影など光の量が十分でないときは、センサーの感度を上げて撮影する必要があります。
 ただ、ISO感度を上げるとノイズが写りやすくなるので注意ですね。

ホワイトバランス

 白いものは白く写す。そのためにホワイトバランスを調整します。設定によっては黄色味が強くなったり青味が強くなったりするので、設定するときは一度試し撮りをしてから撮るといいです。

フィルターを使ってみる

 先程説明したシャッタースピードF値ISO感度、ホワイトバランスの4つはもちろん写真を撮る上で大切な要素ですが、まずはカメラの楽しさを知ってもらうことも大切だと思うんです。なので、カメラに付いているフィルター機能を使えばそれっぽい写真も撮れるよー。カメラって楽しいでしょー。と伝えたいです。ただ私はD5300に付いてるフィルターは一度も使ったことがないですがね!

いざ行かん!太宰府天満宮へ!

 カメラを始めて買う友人を連れて行く写真スポットはどこがいいかなあと色々考えた結果、福岡県にある太宰府天満宮へ行こうと決めました!アクセスがしやすい場所に住んでいるし、車でも行ける距離ということ。建物、人、お土産物、花など色々と被写体が豊富なこと。カフェもあるので休憩しながら楽しめること。などなど、良いこと尽くしなので!花は2、3月になれば梅が咲くので、この時期に合わせても良いかなと思いました。
www.dazaifutenmangu.or.jp

まとめ

 自分の趣味が誰かの趣味のきかっけになるのって楽しいですね!これから友人が楽しいカメラライフを送れるよう、どんどん協力していきたいものです。