ファインダーのあっちとこっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファインダーのあっちとこっち

カメラ1年目の私が写真とお出かけのお話をします。たまに読んだ本の読書録も。

2月の読書録。幸せになる勇気(その2)

f:id:acchikocchi:20170312143954j:plain

 もう3月になっていますが、途中だった「幸せになる勇気」の感想後半を書いていきます!

愛とは「ふたりで成し遂げる課題」

 赤ちゃんが寝返りうったり、立つことや歩くこと、言葉を覚えてコミュニケーションをとること。あるいは、学問を学ぶことは「ひとりで成し遂げる課題」。
 対して仕事は「仲間と成し遂げる課題」。
 では、誰かと、わたしとあなたでするものはなにか?
 それが愛、つまり「ふたりで成し遂げる課題」ということ。
 この、「嫌われる勇気」から「幸せになる勇気」の一番伝えたいことって、これなんだなあと思いました。
 私たちは、恋愛とはまず自分が好きになる相手に巡り合って、その人を知って、好きになる。という過程を経なければ恋愛はできないと思っていますよね。わたしもそうでした。
 でも、愛っていうのは「対象」の問題ではなくて、「技術」の問題なのだそう。

技術を知れば誰でもできる

 この本、そして本の中で引用されているエーリッヒ・フロムの「愛するということ」の中でも、愛とは技術を知れば誰にでもできる、ということが言われています。
 愛に限らず、友達関係も、家族関係も、まずは「わたし」が愛する、信頼することで、関係を築いていけるんだなあと思いました。

まとめ

 わたしは「嫌われる勇気」と「幸せになる勇気」を読んで、人間関係への考え方が大きく変わりました。
 前向きに、積極的に。
 新しいチャレンジもしようと踏み出せました。
 この春から「変わりたい!」、「何かにチャレンジしたい!」と思っている方は、ぜひ読んでみて下さいね!
acchikocchi.hatenablog.com
acchikocchi.hatenablog.com
acchikocchi.hatenablog.com