ファインダーのあっちとこっち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファインダーのあっちとこっち

カメラ1年目の私が写真とお出かけのお話をします。たまに読んだ本の読書録も。

3月の読書録。伝え方が9割②

f:id:acchikocchi:20170317194149j:plain
 もう4月!ですが、3月の読書録を書きます。
 3月は2冊読んだのですが、1冊目は前に読んだ「嫌われる勇気」の中で引用されていた、フロムの「愛するということ」。

愛するということ

愛するということ

 しかし、内容が難しくて。というより、私には少し早かったみたいなので、途中で読むのをやめてしまいました。
 前にも何度か読破しようと挑戦しましたが、毎回読めずに終わってしまいますー。
 いつかは読破したい!

伝え方が9割 ②

 さて、前置きが長くなりましたが、今月はこちらを読みました!

伝え方が9割 2

伝え方が9割 2

 以前、伝え方が9割①を読んで、その時にすでに②が出ていたので今回読んでみました。
 ①がすごく面白く、役に立ったので、事前情報などは何も調べずに購入しましたが。
 まだ読んでいない方は②だけを読んでも大丈夫ですよ!

5分で分かる!伝え方が9割の内容

 まだ読んでいない方で、自分で読みたい!という方は、ここからスキップですよ!
 さて、内容ですが、①の伝え方の技術に3つの技術をプラスして、さらにそれぞれの使い方を詳しく解説している形です。
 それでは早速、内容の紹介です。
 本書は大きく2つの内容が書かれています。

  1. 「ノー」を「イエス」に変える技術
  2. 「強いコトバ」を作る技術

 誰かにお願いをするとき、例えば、忙しい上司に資料を見てもらいたいとき。
 「この資料、見て頂けますか?」だけでは相手の都合によって見てもらえたり、もらえなかったりします。
 そこで、「イエス」と答えてもらう可能性を上げる技術があります。

「イエス」を引き出す3ステップ

  1. 自分の頭の中をそのままコトバにしない
  2. 相手の頭の中を想像する
  3. 相手のメリットと一致するお願いをつくる

 私は今、忙しい上司に資料をみてもらいたいです。しかし、これをそのままコトバにはしません。
 そこで上司のメリットになることを考えてみます。上司は部下にどう思われているか、ちゃんと頼られているか気になるものですよね。
 なので私は「○○課長ご意見を是非聞かせてください」とお願いしてみる。
 といった具合です。思ったことを口にする前に、一呼吸おいて、考えることが大事ですね!

「メリット」切り口は7つ

 では、相手にとっての「メリット」はどう考えるのか?それには切り口として7つ紹介されています。

  1. 相手の好きなこと
  2. 嫌いなこと回避
  3. 選択の自由
  4. 認められたい欲
  5. あなた限定
  6. チームワーク
  7. 感謝

レッツトライ!

 それでは本書の付録をもとに説明していきます。悪い例と良い例の比較を書いていきますね!

相手の好きなこと

 ×「このシャツは現品限りです」
 ○「こちら人気で、最後の一着なんです」
 こう言われると「欲しい!!」ってなりますよね。

嫌いなこと回避

 ×「展示物に触らないで」
 ○「薬品が塗ってあるので、触らないで」
 ただし、この方法は最後の手段、だそうです。

選択の自由

 ×「デザートはいかがですか?」
 ○「マンゴープリンか抹茶アイス
 どちらがいいか、と聞かれると、つい選らんじゃいますよね。

認められたい欲

 ×「窓くらいふいて!」
 ○「あなただと高いところまで届くから、ピカピカになるのよね。お願い」
 私にしかできない!と思ったら、やってしまうかも?!

あなた限定

 ×「飲みに行かない?」
 ○「鈴木くんだけには来てほしいんだ」
 なんだか特別感があって行きたくなります。

チームワーク化

 ×「飲み会の幹事やって」
 ○「いっしょに飲み会の幹事やらない?」
 一緒にやろう!、と言われると断れないものですよね。

感謝

 ×「この机、移動して」
 ○「この机、移動して。ありがとうね」
 相手が動いてくれる前に「ありがとう」と言うのがポイントだそうです!

「強いコトバ」をつくる8つの技術

 料理にレシピがあるように、伝え方にもレシピがある。
 ということで、「強いコトバ」をつくる8つの技術!

  1. サプライズ法
  2. ギャップ法
  3. 赤裸々法
  4. リピート法
  5. クライマックス法
  6. ナンバー法
  7. 合体法
  8. 頂上法

 6、7、8番目が「伝え方が9割①」からプラスされた新しい方法です。

レッツトライ!part 2

サプライズ法

 あっという間、10秒でつくれる技術
 「海賊王におれはなる!!!

ギャップ法

 歴史上のリーダーたちが使ってきた、人を動かす技術
 「最高で金、最低でも

赤裸々法

 感動をつくりだし、人の心に強烈にメッセージする技術
 「息が止まるほど、きれいな写真」

リピート法

 ジブリの曲にも使われる、記憶にすりこむ技術
 「となりのトトロトトロ

クライマックス法

 人前で話す人に、ぜひ使ってほしい魔法の技術
 「これだけは覚えて帰ってください。伝え方の技術は~」

ナンバー法

 「伝え方が9割」のネーミングに隠された技術
 「101匹たくさんのわんちゃん」

合体法

 ヒット商品、流行の現象をつくることができる技術
 「消極的な草食系男子」

頂上法

 使うだけで、売り上げが上がる技術
 「世界一受けたい授業」

まとめ

 どうでしかた?あんまり詳しく書きすぎてもよくないかなぁ、と思ってざーっと書きました。
 あっ!!これだけは言わせてください。
 この本を読むと、コトバを話すこと、メールを打つこと、お願いを伝えることが、にやっとするくらいわくわくしますよ!
 私の一番のおすすめの本です!