ファインダーのあっちとこっち

ファインダーのあっちとこっち

カメラ1年目の私が写真とお出かけのお話をします。たまに読んだ本の読書録も。

7、8月の読書録。地球の歩き方

f:id:acchikocchi:20170828185405j:plain

 皆さんこんにちは!先日無事に海外旅行から帰ってきました!旅行記については後日書いていくので、お楽しみに!
 今日は7月と8月の読書録をまとめて紹介します。

地球の歩き方

 今年の夏は海外ひとり旅に挑戦しました!行き先はオランダとスペイン(マドリードバルセロナ)です!
 ということで、オランダ(ベルギーとルクセンブルクも載っていました)とバルセロナ地球の歩き方を購入しました。

 なぜマドリードを買わなかったというと、滞在期間が1日なので必要ないかな、と思って買いませんでした。

私が旅先で役に立った情報

グルメスポット

f:id:acchikocchi:20170828185333j:plain

 街を歩いていると至るところにカフェ、レストランがあります。本当に至るところに!3歩歩けばカフェ、みたいな。
 そこで困るのが、どのお店にすればよいか、ということ。特にこだわりもなく、フィーリングでふらりと立ち寄ってみるのも海外旅の醍醐味ですが、今回のスペインは特に美味しいものをたくさん食べよう!と思っていたので、お店を選ぶことにしました。
 日本だとすぐにネットで調べられますが、海外ではそうもいきませんよね。出先ではWiFiに繋げようにもなかなかスポットがなかったり、あったとしても弱くて検索できないことがあります。
 そこで役立つのが地図のページ!
 地図には「R(レストラン)」で食事処が示してありました。
 今いる場所をGoogleマップで確認して、地球の歩き方の地図で見比べて、近くで気になるお店があるかを探しました。
 私がバルセロナ滞在中に足しげく通ったのが、ココ!

 色々なタパス(説明)が日替わりで提供されるんですけど、どれも絶品でした!
 詳しくはまた改めて記事を書くのでお楽しみに!

メトロの路線図

f:id:acchikocchi:20170828201050g:plain

 空港⇔市内の移動の際によく使いました。オランダもスペインも、路線ごとに色分けされているのでとても分かりやすかった印象です。
 ただ、メトロは地下鉄なので、利用の際は防犯に注意です。特に早朝と夜は利用するのを控えたほうがよいかもしれませんね!

サグラダ・ファミリアの彫刻の説明

f:id:acchikocchi:20170828201132j:plain

 今回の旅の一番の目的が、サグラダ・ファミリアに行くことでした!実際に行ってみると、外観の彫刻が本当に素晴らしかったです。そんな彫刻が何を意味しているのか、どのようなストーリーがあるのかを知りたいですよね。
 ガイドブックにはかなり詳しく解説されていたので、実際に見たあと、サグラダ・ファミリア内の休憩スペースでガイドブックを広げてじっくり時間をかけて読みました。

観光スポットの見学可能時間・入場料

f:id:acchikocchi:20170828201237j:plain

 せっかくの海外旅行。なかなか来られないからこそ、有名な観光スポットはぜひ訪れたいですよね。
 それぞれの場所をネットで調べてもよいですが、ガイドブックならおすすめ観光地として一気に紹介されていたりするので、そこで一度に調べられます。
 特に見学可能時間はネットに書かれていなかったり、いくつかのページを探す必要がありますが、ガイドブックなら必ずこの情報が載っています。

事前に調べておいた方がよい情報

空港⇔市内⇔宿の交通手段

 もちろんガイドブックにも載っていますが、案外情報が少ないものです。
 初めての国、初めての地域でたくさんの交通機関がある場合、いったいどれがお得?!安全?!早い?!ということはとても気になるものです。
 私は特に「女ひとり」だったので、安全で早い交通手段を選ぶようにしました。
 また、市内への行き方は書いてあっても、自分の宿への行き方は分かりません。これは事前に調べておかないと大変です!私は毎回これが大変でした・・・
 まずオランダに着いて早々に、スキポール空港(オランダ)から宿への道順を調べていなかったので、どの路線に乗ればよいか、精算方法はどのようにすればよいのかが分からず、結局空港を出たのが1時間以上後になってしまいました。
 実は、空港にある無料WiFiに繋げて現地で調べればいいや、と思っていたのですが、WiFiがなかなか繋がらず調べることができませんでした。
 仕方ないでガイドブックに書いている情報を頼りにとりあえず市内のアムステルダム中央駅へ行き、この駅で幸運にもWiFiに繋げられたので、宿への行き方を調べられました。

危険情報

 オランダはドラッグと売春が合法の国。なので、これらをするためのスポットなんかがあります。
 街のあちこちにカフェ「Café」があるのですが、なんとドラッグは「Coffee Shop」と看板を出しているので、日本人にとっては少しまぎらわしいです。しかもこの「Coffee Shop」、普通に中心街にあるんです。う~ん。まぎらわしい。
 でも、明らかに「Coffee Shop」の店内は暗くて怪しいので、間違えて入ってしまうことはなさそうですし、知っていれば入らないですよね。
 あと、有名なのがアムステルダム中心地にある「飾り窓地区」と呼ばれるところです。ショーウィンドーのような大きな窓の中に女性が妖艶な姿で男性を誘い、その場で交渉して売春をするそうです。
 こんなに聞くと、オランダってなんだか危ない国・・・?なんて思ってしまいそうですが、その地区に近寄らなければ大丈夫ですし、夜に繁華街に行かなければ麻薬と関わってしまうこともないです。
 ただ、宿泊先のホテルを決める際、危ない地区から離れているかを確認することはお忘れなく!
 あと、オランダ、スペインに限らずどこの国でも言えることですが、大きな駅のターミナルは要注意です!人とぶつかりやすい場所では、スリが多発しているようです。

まとめ

f:id:acchikocchi:20170828202153j:plain

  • ガイドブック情報を活用しよう!
  • 空港⇔市内⇔宿への行き方を事前に調べておこう!
  • 危険地域情報を知っておこう!

 7、8月はガイドブックの他にも6月から読み始めた「万能鑑定士Qシリーズ」も読みましたが、今回はガイドブックのみを記事にしました。
 「万能鑑定士Qシリーズ」のほうが気になるよ!という方はこちらの記事を読んでみてくださいね!
acchikocchi.hatenablog.com